経理の基礎がわかる!「簿記」

電卓

経理として仕事ができる資格

簿記は企業の入金や支出を計算して、経営や財政の状況を把握するものです。

簿記は資格になっており、専門的な項目を学ぶ必要があります。

どの企業でも経理という企業の財政状況を管理する部署がありますが、簿記の資格を持っていると経理の仕事がしやすくなります。

今後経理として仕事がしたい方は、まずは簿記の資格を取得することをおすすめします。

ここでは簿記の資格や経理の仕事についてご紹介していきます。

参考にしてみてください。

経理の仕事の内容について

簿記の資格を取得すると経理の仕事をすることができるようになりますが、経理の仕事は基本的にはパソコンを使ったデスクワークになります。

エクセルなどの表計算ソフトを使用して、企業の財政状況を管理します。

経理の仕事は数字を扱う仕事なので、数字に抵抗のない方や好きな方に向いています。

日々数字と接することになるため、自分に合いそうかどうかはよく検討すると良いでしょう。

従業員の方の給与計算を行なう業務を担当することもあります。

給与は経理担当の方が計算などをしているため、従業員の方に必要な事務手続きなどの連絡などをすることもあります。

また、簿記の資格を持っていると大きなメリットがあります。

それは、分析能力を身に付けることができるという点です。

企業は経営戦略がとても重要になりますが、簿記の資格を持って経理の仕事をしていると、企業が今どんな状況にあるのかということを把握することができます。

経営管理などの仕事や今後の戦略を検討する部署にステップアップする機会があることもあるので、そうした経営の道に興味がある方にもおすすめの資格であると言えます。

もちろん経営に関わる仕事ができるようになるためには高い能力や実績が必要になりますが、チャレンジする気持ちのある方は検討してみるのもおすすめです。

経理の仕事は女性の方に向いている仕事でもあります。

デスクワークで比較的安定して働くことができ、簿記の資格を持っていれば結婚などで一度仕事を休んだとしてもまた再度資格を生かして復帰することができます。

多くの企業は経理部門を設けているため、あなたの希望の業界で仕事ができるのも大きなメリットです。

どの企業でも数字の管理を行なうのは同じですが、少しでもよりあなたの興味のある業界で仕事をすることで、毎日の仕事もやりがいを持って楽しく取り組むことができます。

興味を持ったら勉強をスタート

このように簿記の資格にはとても大きな可能性があるので、取得を検討してみるのもおすすめです。

簿記の資格は多くの資格の中でも比較的取りやすいものになっているので、必要なことを学んで試験を受けることでスムーズに仕事を始めることができます。

ぜひ検討してみてくださいね。