PCスキルのアピールになる!「MOS」

パソコン

マイクロソフトのオフィスを使いこなせる証明になる資格

MOSはマイクロソフトオフィススペシャリストの略です。

その名称の通り、マイクロソフトの代表的なソフトであるオフィスのソフトについて専門的な知識とスキルを持った方に与えられる資格です。

マイクロソフトのオフィスは今数多くの企業で最も普及しているソフトと言えるものです。

日本ではオフィスのソフトを使用している企業が大半となっており、このソフトを使いこなせないと仕事が成り立たないような仕事もあります。

MOSの資格を取得しているとオフィスの基本的な操作はもちろん、専門的な機能まで把握している証明にすることができます。

どの業界でも役立ちやすい資格なので、取得しておくのもおすすめです。

事務職には特に有効

MOSの資格が特にアピールしやすいのは事務職の資格です。

事務の仕事ではオフィスのうち、ワードとエクセルを頻繁に使うことになります。

エクセルのマクロ機能などはあまり使わないかもしれませんが、MOSの資格を取得しておくことで十分なスキルを持っているアピールができるので、採用に至る可能性が高くなります。

この資格を持っていれば様々な企業の事務職として働くことができるので、希望の業界の事務職として仕事をするのもおすすめです。

また、資格を持っていることでより専門的なスキルが必要な仕事も任してもらえる可能性もあり、その際は収入のアップにつながる可能性もあります。

必ずとは言い切れない面がありますが、オフィスのソフトを活用する機会が多い仕事では高いスキルが求められている場合もあります。

求人をチェックする際に確認してみることをおすすめします。

どのように活かすかを検討しよう

MOSを取得する際に気を付けたいことは、まずはどのように資格を活かそうかを考えてから資格を取得するということです。

やみくもに何となく役立ちそうだからという理由で取得しても、あまりその後につながらないことも多いです。

それよりも、先にどのように資格を活かそうかを考えた上で資格を取得するようにすると、しっかりと資格を転職や収入アップに活かすことができます。

MOSの試験科目はワード、エクセル、アクセス、パワーポイント、アウトルックと分かれています。

どれも取得できると良いですが、まずばワードとエクセル、余裕があれば他のものも取得することをおすすめします。

どれが必要かもあらかじめチェックしておくと、より効率の良い資格取得をすることができます。

MOSの資格を持っていることでPCのスペシャリストとして周りの方からも頼りにされる機会も多くなります。

ぜひ取得して今後のキャリアに役立てていってくださいね。