書く前にチェック!履歴書の注意点

紙

履歴書のポイントをチェックしよう

就職活動の中でも大切な書類とされているのが履歴書です。

履歴書はあなたのこれまでの経歴や企業に応募した動機などをチェックできる書類で、企業の採用担当の方が重要視しています。

履歴書だけでもあなたについての概要が分かり、その概要だけでも採用の合否を分けられてしまうこともあります。

そのため、面接などの前にまず力を入れる必要があるポイントなのです。

ここではそんな大切な書類である履歴書の作成のポイントをご紹介します。

押さえていただくことであなたの就職活動にも大きく役立つので、ぜひチェックしてみてくださいね。

履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方のポイントの一つめは、きれいな字でていねいに書くということです。

履歴書は手書きで書くのが一般的ですが、その際には読んでいただくことを考えてきれいな字で書く必要があります。

あまり字がきれいではないと思っている方も、ていねいに書くことで字のきれいさは変わってきます。

ボールペンで書くためミスをせずに書く必要がありますが、じっくりと書くようにしましょう。

次に経歴を書いていきますが、資格の欄は企業に役立ちそうなものだけ書くようにしましょう。

資格の取得が趣味のような方もおり、様々なジャンルの資格を持っている方もいますが、あまり企業にメリットのない資格を書いても、何がしたいのかが企業の方も分からなくなってしまいます。

ビジネス英会話の資格などはどの企業にも有効なので、積極的に書いていきましょう。

履歴書の中でもポイントになるのが志望動機と自己PRの欄です。

企業の方もしっかりチェックするところなので、こだわって書きたいところです。

履歴書のこれらの欄はスペースが限られているので、ポイントを絞って分かりやすく、最も伝えたいことを書くようにすると良いです。

そうすることで効果的な履歴書を作ることができます。

また、書く前には他の紙などに下書きをしてから書くのもおすすめです。

先にきちんと伝わる文章になっているかをチェックしてから書くことで、よりクオリティの高い履歴書を作ることができます。

企業に本当に入社したいという気持ちを込めて書くことも大切です。

雑に書いている履歴書は、意外と文面から伝わってくるものです。

あなたの企業への想いを再確認してから書くようにすることをおすすめします。

ポイントを押さえて履歴書を作成しよう

以上が履歴書作成のポイントです。

ぜひ取り入れて、それぞれのポイントが大丈夫かを確認してみましょう。

面接の対策を十分に行なっていても、履歴書で落とされてしまったら意味がありません。

そうならないためにも効果的な履歴書を作成して、就職活動に役立てていきましょう。